100-12

未分類

動くさまが描かれる。宇佐木を小沢が演じ、宇佐木の兄弟分・片岡皇成に湘南乃風の若旦那こと新羅、合唱団うさぎの会のリーダー・みゆきに真飛、うさぎの会のメンバー・拓海に吉村が扮した。

小沢は「このスーツを監督がニコニコして出してきたときから俺は終わってた。こんな格好で舞台挨拶に出てきたのは初めて」と苦笑。新羅が「僕は逆に着たかったです」と述べ、吉村が「僕は好きですよ」と言うと小沢は「つまんねえな」とこぼす。

コメディとバイオレスが融合した本作。小沢は「監督に真っ先に『歌ってもらえますか?』って言われて、俺は『は?』って。車にはねられるのはOKだけど、医者から歌を歌うのはNGって言われてる。おかけで寿命が縮んだよ」とジョークを飛ばし、会場に笑いを起こした。また歌の練習を「思い出すだけで苦痛。学生時代を思い出す」と振り返る小沢だったが、真飛が「湖で撮影した本番は楽しかったですよね」と話すと、「あそこはちょっと感動した」と同意する。そんな小沢を起用した理由を内田は「北

«

TOP

        Copyright © デザインのwired-ad, All rights reserved.